読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りなぶろ!

双極性障害や甲状腺機能低下症、その他書きたいことを気ままに書いてます。

うつ病に「頑張れ」って言わないで

理奈子です。

 

今年もあと〇日!の文字を見てやべーぞ前進するどころか退行して1年が終わるぞと焦っています。どうしようもありません。

 

パソコンの前でしばらくフリーズしていました。低空飛行のままですがこれ調子回復するんですかね???(知らないよ)

 

相変わらず呼吸をするだけのカタマリと化している私ですがそれはさておき本題にレッツゴーです。

 

 

うつは「頑張れない」

(※双極性障害うつ病は別の病気ですが、双極性障害うつ状態の時のことを書いています。)

 

うつ状態になるとあらゆることに対するやる気がなくなります。

仕事はもちろん、趣味や好きなこともできなくなります。

決して怠けているのではありません。

やる気がないからできないというか、やる気が出ない。出てこないから何もできないんです。

頭がぼーっとして判断力が低下します。

文字を読んでも頭に入ってきません。

 

甘えているわけではありません。

好きでダラダラしているわけでもありません。

うつ病になる人は真面目な人が多いです。自分がこのような状態になっているのが苦痛でたまりません。

 

だから「頑張れ」って言わないでください。

頑張りたくても「頑張ることができない」んです。

 

なにか大きな力で押さえつけられているような感覚があります。

布団から起き上がることができない。体が重くて鉛のよう。

 

頑張るのは不可能!

 

 

 

昔から「頑張れ」が苦手だった

今はうつ状態なので周りの人も頑張れなんて言いませんが、

いつからだったでしょうか。少なくとも中学生ぐらいから既に「頑張れ」という言葉がもともと苦手でした。

 

気軽に使えて便利ですよね、「頑張れ」という言葉。

 

テスト・受験・試験の前に「頑張って!」

大会の前にも「頑張って!」

人間関係で悩んでいても「頑張って!」

 

今まで何回言われ、言ってきたことでしょうか。

応援の言葉であると同時に何か無責任さを感じてしまうのは私だけでしょうか?

 

「頑張れ」と言われるとうっと心がつっかえ、プレッシャーを感じます。

こんな性格だからうつになるんですかね・・・。

 

 

母はこんな私の性格を知っていてなるべく頑張れと言わないで育ててくれました。感謝です。

代わりに「気楽にやりなよ」とかですね。

 

ちなみに「頑張ったね」は平気です。努力が認められた感じがして良いです。めんどくせーな、自分!

 

 

うつ病に「頑張れ」と言わないで!

うつ病患者に「頑張れ」と声をかけないでください。

頑張りたくても頑張れないのでプレッシャーを感じ、さらに自分を追い込んで病状が悪化する可能性があります。

 

昔に比べるとうつ病のことも認知されて、患者にプレッシャーを与えないことは基礎中の基礎と知られているかもしれませんが、もっと多くの人に知ってほしいです。

 

 

今日も記事を書けました。頑張ったね、自分!(笑)