りなぶろ!

双極性障害や甲状腺機能低下症、その他書きたいことを気ままに書いてます。

断薬を勝手にしてはいけない。

 

理奈子です。

 

前記事(薬が嫌いです。  )の続きです。

 

薬が嫌いになった私はある決断をしますが・・・。

 

その前にお薬手帳を引っ張り出してきたので、処方歴を振り返ってみます。

 

 

 

 

薬と症状を振り返る。

1日何回飲んでたかは省略します。

 

初期

リーゼ錠5mg

ドクマチール錠50mg

 

ジェイゾロフト錠25mg

 

様子見の処方です。これが8カ月ほど続きます。

  

総合病院に転院

トフラニール錠10mg

リーマス錠100mg

ホリゾン錠2mg

テトラミド錠10mg

レンドルミンD錠0.25mg

 

アモキサンカプセル25mg

アモキサン追加。これでだいぶハイになってました。

 

レンドルミンテトラミドが消えて

デパケンR錠100mg 追加。

 

アップダウンの激しい時期でした。7カ月ほどこの処方でした。

 

双極性障害と診断されてから。

リーマス錠200mg

ジェイゾロフト錠25mg

ジアゼパム錠2mg

 

血中リチウム濃度を測って効果を確かめていました。

1階2錠朝昼夜服用で1日1200mgでした。

 

1年以上この処方です。

 

 

決断。勝手に断薬。

薬を飲んでも飲んでも良くならないばかりか

頭はぼーっとする。もういやだ!

と思った私は薬を貯め始めます

 

そう。医師の判断なしの断薬です。

(絶対にマネしないでください)

 

貯めた薬はODか自〇にでも使おうと思っていました。

家族にバレて捨てなさいと怒られましたが。

 

断薬してみるとなんとなく頭がスッキリする感じが続きました。

でも劇的に良くなったということもありません。

 

しばらく薬を飲んでないことは医師に伝えられなかったのですが

2カ月ほど経ってから思い切って飲んでいたことを伝えました。

 

怒られるかと思いましたが、「そっかー、効くと思って飲まないと意味ないからなぁ。」で済みました。

しかし突然の断薬はよくないようなので

処方が寝る前・クエチアピン錠25mg(セロクエル)に切り替わりました。

 

私も納得して処方された薬を飲むようになりました。

 

 

 

断薬を勝手にしてはいけないよ!

「お前が言うな!」と言われそうですが言わせてください。

 

断薬を勝手にしてはいけません!

 

自己判断で症状がどう変わるか分からないからです。

私の場合、良い方に転びましたが皆が皆そうなるとは限りません。

 

 

もしもあなたが断薬・減薬を考えているなら

勇気がいるとは思いますが、医師に相談してみてください。

 

プラセボ効果もありますから、効くと思って薬は飲んだ方が良いです。

 

 

 

 

 

以上、私が断薬をしたお話でした。